FC2ブログ

ACCELERATE

最先端から加速する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

東日本チャレンジカップ選手権シリーズ第1戦筑波 決勝!!

まいど!FUJIhideです!!


先日に引き続き東日本チャレンジカップ選手権シリーズ第1戦筑波をお送りします♪
やってきました決勝レポートです!!



決勝までのインターバルでリフレッシュしました♪
今季初レースを前日に終えたことで緊張は少し和らぎました。


春の心地よい日差しを浴びながらストレッチ♪
CC-KESSHOU1.jpg
マーボー氏と何やら雑談中
何を話しているのかはご想像にお任せします(笑)

おそらく…

FUJI「岡本 玲ちゃんカワイイよね♪」
マーボー氏「えっ?誰それ?」
FUJI「えぇ~っ!?マジで知らないの!?俺はいつもめざましの占いで癒されてるよ♪」
マーボー氏「へぇ~、FUJIやっぱりロリコンだね」
FUJI「……(ギグッ!)」

ってな感じの他愛も無い会話だったのでしょう(笑)

前日のプレッシャーでピリピリしていたFUJIと違いますね
今回のレースは全日本の猛者達がエントリーしている為、胸を借りる
つもりで心構えているのでしょう

がしかし、心の片隅では「一泡吹かしてやるゼ!!」なんで思ってたのも事実です
甘い考えだけでレースするFUJIではありません




とかなんとかしている間にピットクルーの方々にスタート前準備をお願いしてます。
CC-KESSHOU2.jpg
本当に有難う御座います!!
タイヤもホッカホカでGOODでした!!


CC-KESSHOU3.jpg
ピットロードにマシンを並べてライティングラップに備えます

FUJIもスイッチを入れてモードが入りました!!
集中しています!!


サイティングラップが始まりました
コースインします
タイヤを冷えない様な走りをしてグリッドに向かいます
CC-KESSHOU4.jpg
ピットクルーの方々が迎えてくれます


CC-KESSHOU5.jpg
グリッドを見渡すとFUJIの前はほぼピレリタイヤユーザー
上等です!!
奴らの中に入っていかにレースを掻き回せれるかが今回のレースの課題でしょう!
一泡吹かしてやります!!
もう1コーナーしか見えてません!!


CC-KESSHOU6.jpg
せっかくなのでレース前にみんなと記念撮影♪
もっと近づいてくれればイイのに!!
微妙な距離感です(笑)



ピットクルーの方々も離れウォーミングアップランに入ります
CC-KESSHOU8.jpg
全車グリッドに着きます
先にも後にももう後戻りは出来ません!!
さぁレース開始です!!


CC-KESSHOU9.jpg



レッドシグナルが点灯します!!



消灯!!






CC-KESSHOU7.jpg
全開でGO!!!!



スタートは良くも悪くも無く1コーナーへなだれ込んで行きます!!



超接近戦をくぐり抜けて1ヘアピンへ突っ込んで行く!!
CC-KESSHOU10.jpg


前の集団に付いていきます!!
CC-KESSHOU11.jpg
タイヤのグリップが良いうちにガンガン攻めて行くFUJI!!

CC-KESSHOU12.jpg
こう見るとバイクが全然寝てないですね…
もっとフルバンクさせて走らないと…


前の集団に付いていきFUJIはペースをもっと上げれると感じたので
前車を突いて行きます!!


そしてダンロップコーナーの立ち上がり
前の間隔が狭まり2ヘアピンまでの間で寄せて行こうと仕掛けて行く途端
リアタイヤがツボにハマりハイサイド!!
身体が宙に浮いたものの、ハンドルは絶対放さないと決めていたので何とか
振りが収まった所でお構い無しにアクセル全開!!

後続に抜かされなかったのが救いだが、前との差は若干離れてしまった
そして次の周の1コーナー立ち上がり
またもやハイサイド!!
CC-KESSHOU15.jpg
今回ばかりは1台先行を許してしまった


後ろについて2,3周走ったが自分のペースではない
シビレをきらして1ヘアピンでパス!!
CC-KESSHOU14.jpg

もたもたしているうちに先ほど突いていた前の集団は遥か前方へ…
その差バックストレート1本分


かなり差がついてしまった…


レースは中盤を過ぎている…


「こりゃもう終わりかな…」正直思った


「いやいや、ここで諦めたら手伝ってくれている皆や支えて頂いている方々に申し訳ないだろ!!」


「遅くなってしまったがここからが勝負!!」


「糸はまだ切れちゃいねぇ!!」



CC-KESSHOU16.jpg


もう前のマシンだけを見て走っていた。


CC-KESSHOU17.jpg


ボードを出してくれているマーボー氏には悪いがタイムボードが目に入らなかった
ただ前のマシンに追いつく為に前だけを見ていた



みるみるうちに前との差が無くなってきていた
それは走っている自分でも分かるくらいだった


やっと追いついた!!



最終コーナー立ち上がり、次の周で抜けると確信した



CC-KESSHOU18.jpg
が時すでに遅し…



コントロールラインではチェッカーフラッグが振られていた






決勝13位
TIME 1"01'031


自分のミスでこの様な結果に終わってしまったことがもの凄く悔しいです。
ハイサイドしなければ…
あと2,3周早く抜いていれば前のバイクに最後追いついて抜かせたとか…
言い訳ばかり言っても何も成長しません
レースにたらればはないのです
今後同じ失敗を繰り返さないだけです

ただこのレースで得たものは沢山あります。
特に後半のタイムがベスト付近で維持出来た事
これには自分自身に大きな自信が付きました
他にもありますがこのあたりで…


レース後、こんな走りしか出来なかったFUJIをピットクルーのみんなが迎えてくれました
CC-KESSHOU20.jpg
本当に感謝の気持ちで一杯です、有難うございます。



CC-KESSHOU21.jpg
今回も手伝って下さったマーボー氏、とりカマさん、ハルナ海坊主さん、入江さん、GOTOさん、山さんや応援して下さる皆さん、レース環境を支えて下さる方々のおかげだと粛々感じております。
この場を借りてお礼したいと思います、どうも有難うございます。

FUJIはこの結果に満足することなく、更に成長すべく日々精進し、最先端から加速していきますので今後とも応援ご支援のほどどうぞ宜しくお願い致します。
スポンサーサイト

レース | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<解体作業♪ | HOME | 東日本チャレンジカップ選手権シリーズ第1戦 筑波ラウンド>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。